アスタリフト成分危険?怪しい?副作用やデメリットは?

アスタリフト成分危険?怪しい?副作用やデメリットは?

スキンケア商品として高評価を獲得しているアスタリフトですが、そんなアスタリフトが成分が危険ということや副作用があるといわれていることをご存知でしょうか?

そんな疑問に答えるためにこの記事では、「アスタリフトが成分危険はなぜ?副作用デメリットは?」といったテーマについて解説していきたいと思います。

アスタリフトを使用するうえでデメリットや危険はあるのか?副作用は?

といったことについても解説していますので購入を考えている方や興味がある方はぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

アスタリフトの成分が危険?なぜ?その理由は?

アスタリフト成分危険

 

アスタリフトの成分はなぜ一部のユーザーから危険などと口コミされているのでしょうか?

これについて結論を言うと、アスタリフトの成分が危険だということはありません。

危険ではないと言い切れる理由には、主に2つあります。

1つ目の理由は、成分に危険があるような商品ならとっくに販売停止になっているからです。

これは、当たり前ですが、使用して危険なスキンケア商品が販売され続けるわけがありませんよね。

アスタリフトはこれまでに販売され続けていることに加えて、しっかりと高評価を受けているので、そんな商品が危険な可能性はかなり低いかと思います。

2つ目の理由については、アスタリフトに含まれている成分には危険だと思われる成分がなかったことがあります。

実際にアスタリフトの成分を見た結果、主な成分には「アルブチン」「グリルリチン酸ジカリウム」「ビタミンC誘導体」などが含まれています。

もちろん他にも多くの成分が含まれていますが、特に危険だと判断されるようなものはありませんでした。

アスタリフトが、なぜ危険があると言われるようになった?

ネットで調べると、アスタリフトが危険だという言葉が出てきます。

しかし、実際は危険ではないのになぜ危険だといわれているのでしょうか?

この理由については、主に使用した方の肌が荒れてしまったりしたことが原因だと考えられています。

肌に異常があったということは、「やはりアスタリフトは危険?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、アスタリフトは安全だということは先ほどの解説の通り間違いありません。

このように、アスタリフトの使用で肌の異常が出てしまうという理由については、次のテーマで解説していきたいと思います。

アスタリフト!副作用はある?

アスタリフト成分危険はなぜ?

 

アスタリフトに副作用はあるのか?といった疑問に答えると、アスタリフトには副作用の要素はないと言ってよいでしょう。

しかし、実際にアスタリフトを使用して「肌が荒れた」などという情報もあります。

この答えについては、先ほどの「危険があるといわれた理由」とも重なるのですが、アスタリフトを使用して肌に異常を感じてしまう理由は「肌に合わなかった」という理由があるようです。

残念なことに、どんな良い化粧品やスキンケア商品を使用していても「肌に合わない」ということは一定数起きてしまいます。

そして、それはアスタリフトでも例外ではないため、アスタリフトが肌に合わなかった方からアスタリフトで異常が起きたという声が上がり、そこから危険だという声や副作用があるという声が上がったようですね。

肌に直接使用する化粧品なので、肌に合う合わないは、どうしても出てきます。

アスタリフトに限らず、化粧品を使う前には、バッチテストをお勧めします。

また、本格的に使用する前に、トライアルセットで肌に合うかを確認するといいかと思います。

アスタリフトのデメリットは?

アスタリフト デメリット

アスタリフトの使用でデメリットはあるのでしょうか?

アスタリフトのデメリットについて、口コミ等から出てきた意見を元に、ご説明していきます。

アスタリフトは医薬品ではなく、飽くまで化粧品なので、デメリットと言っても、その人の感じ方次第といったものになります。

 

赤い色に抵抗がある

アスタリフトは、特徴的な赤い美容成分、ナノアスタキサンチンやナノリコピンを多く含んでいます。

そのため、製品も赤い色が付いております。

アスタリフトを使うことで、肌が赤くなったといった話もあり、アスタリフトの赤い色によくないイメージを持つ方もいます。

ナノアスタキサンチンとナノリコピンは、どちらも頭に「ナノ」とついているように、どちらも肌の角質まで浸透しやすい成分です。

適量を使えば、赤い成分が肌に浸透し、色が残ることはありません。が、塗りすぎることで肌の表面に赤い成分が残り、肌が赤くなったように見えることがあります。

また、表面に残った赤い成分が服に付着するといったトラブルもあります。

「肌が赤くなった」「服が赤くなった」といったトラブルは、使いすぎず、適量使うことで回避できます。

それでも、「赤い色が気持ち悪い」という方は、まぁ、好みの問題なので、別の化粧品を使うことをお勧めします。

 

高い

アスタリフトは、決してお安い商品ではありません。

また、ラインナップも豊富なのですが、それを一通り買おうと思うと、なかなか手痛い出費になりますね。

アスタリフトは、先行美容液→化粧水→美容液→クリームの4ステップで使用することを勧めています。

確かに、ライン使いの方が安心して使えるのですが、そこは懐との相談ですね。

アスタリフトの商品は、どれも効果が期待できるので、1,2点だけ採用するのもアリだと思います。

トライアルセットもあるので、一度、試してみて、良かった製品だけ採用しても効果的でしょう。

1点だけ採用するなら、オススメはアスタリフトジェリーアクアリスタ。

これだけでも、しっかりと潤う上に、先行美容液というだけあって、その後の美容成分の吸収力が目に見えて違ってきます。

アスタリフトジェリーアクアリスタと他にお好みの化粧品を組み合わせて使っている人も多いそうです。

使用する化粧品を、柔軟に組み合わせてみましょう。

 

保湿力はそこまで高くない?

効果については個人差があるのですが、「思ったほど、保湿力が高くない」という口コミも見かけました。

これは、アスタリフトジェリーアクアリスタを単体で使っている人に多い印象があります。

確かにアスタリフトジェリーアクアリスタは、単体で使っても、肌が潤うと評判ですが、アスタリフトジェリーアクアリスタの本領発揮は、先行美容液として使った時です。

アスタリフトジェリーアクアリスタは、肌が美容成分を吸収しやすいように、整えるための「先行美容液」です。アスタリフトジェリーアクアリスタだけで使うのはもったいない。

アスタリフトは、先行美容液→化粧水→美容液→クリームの4ステップで使用することを勧めているので、組み合わせで使ってみると、いいかと思われます。

ライン使いだけでなく、他の化粧品と組み合わせても効果的なので、組み合わせを工夫してみましょう。

 

また、アスタリフトは多くの方が高評価をしているので使用しても多くの方が満足できると思いますので、まだ使用していない方にはおすすめの商品になっています。

まとめ

アスタリフト 成分危険まと(見出し下画像

いかがでしたでしょうか?

この記事では、アスタリフトについて「アスタリフトが成分危険はなぜ?副作用デメリットは?」といったテーマについて解説していきました。

アスタリフトについては、他の記事でも様々なことについて紹介、解説がされていますので興味がある方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事