ほうれいせん…うーん、なんかひびきからして、ちょっとイヤですよね。

それもそうです!

このほうれい線、実は、美容関係者の方の話によると、女性の悩みのなかでも、ダントツに多い悩みなのだそうです。

ちなみに悩みのNo.1は、やっぱり「目の下のたるみや膨らみ」だそうです。

そして、2番めがこの「ほうれい線」…。

もっといえば、女性の老け顔の原因のNo.1が、この「ほうれい線」なのです。

これがあるか無いかによって顔の印象が大きく変わり、一部にはできると10歳は見た目年齢が変わってしまうといわれています。

いつまでも若く見られたい女性にとって、ほうれい線の予防や対策は頭を悩ませる大問題のひとつです。

今回はそんな女性の肌の悩み「ほうれい線」に関して、そのほうれい線を消すなくす消し方やほうれい線ができる原因や対策について詳しく見ていきたいと思います。

ほうれい線の悩みを解決!

それでは・・・ほうれい線を消すなくす方法とその原因や予防対策について迫っていきましょう♪

女性(美容①)

なんだか・・・最近シワが深くなったような?

ほうれい線はなぜできる?その原因とは?

ほうれい線原因。画像見出し中

ほうれいせんは、漢字では豊麗線、法令線、豊齢線などど書かれ、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線のことで、正確にはしわでは無くて、頬の境界線です。

表情ジワにもみえますが、ほほの厚い脂肪が、表情筋のおとろえによって下がってきたたるみの一種なのです。

語源は中国の面相学における「法令紋」に由来するといわれています。

ほうれい線の原因は、頬の肌の弾力・ハリの低下頬の筋肉の衰えによる「たるみ」によってできてきます。

つまり、頬に付いた脂肪がたるんで下に落ちることで、溝が深く目立ってくるのです。

ほうれい線の原因は?「加齢による・・・」

ほうれい線の原因は?文書中女性画像②まず、原因の主なものに加齢による肌のたるみがあげられます。

ヒトは、年齢を重ねるにつれ、どうしても肌の弾力やハリが衰えてきます。

ひとつには、地球の重力によって肌が段々、下の方へ引っ張られて、長年それが続くとたるみは生まれる事が挙げられます。

しかし、もう一つ重要な事は、肌は、エラスチンとコラーゲンという成分によって、弾力やハリを維持するということです

この肌を支えるエラスチンやコラーゲンは、年をとるとともに、年々減少してきます。

20歳前後がピークで、60代になると、半分ぐらいに減ってくるといわれています。

つまり、要約すると、年齢とともに、肌の弾力をキープする成分であるコラーゲンやエラスチンが減少し、さらに、代謝が衰えることで皮下脂肪が蓄積され、表情筋が乏しくなり、筋力が低下してしまうことで、頬の肉がたるんで、ほうれい線がくっきりと目立つようになってしまうということです。

ほうれい線の原因は?「肌の乾燥・紫外線の影響」

ほうれい線を消すなくす。見出し下画像①

肌トラブルの原因は、昔は加齢がいちばんの原因だと言われていました。

つまり加齢により肌機能が低下して、それによる老化現象の一環として、ほうれい線などの肌トラブルが引き起こされると言う考えが一般的だったと言うことです。

しかし研究が進むにつれ、実は加齢以上に紫外線によるダメージが最たる原因であると言うことが明らかにされ、現在ではこの説が一般的だとされています。

肌の乾燥や紫外線によるダメージによって肌がたるんでくることです。

つまり、肌は新陳代謝(ターンオーバー)によってみずみずしく弾力がある状態を維持しているわけですが、肌が乾燥するとこのターンオーバーの周期が乱れてきて、修復の機能が失われていきます。

そして、紫外線は、肌の弾力を維持している「コラーゲン」「エラスチン」などの成分にダメージを与え、ハリを失わせていきます。

この紫外線は、シミ、そばかすだけでなく、シワやほうれい線にも大きく影響を与えます。

 

肌表面にダメージを与える紫外線B波に対して、紫外線A波は、真皮層と呼ばれる肌内部にダメージを与えて、真皮層にある肌弾力を生み出すコラーゲンを変性して、たるみを引き起こし、ほうれい線を作るのです。

ほうれい線の原因は?「生活習慣や睡眠の影響」

ほうれい線の原因 「睡眠不足」画像また、生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足や暴飲暴食など、不規則な生活サイクルによって引き起こされる場合も少なくありません。

会社やビルなど乾燥している建物内で、長時間ストレスを抱えながら笑顔をつくっていると、ファンデーションがほうれい線に入り込むという経験をしたことがある女性も少なくありません。

まだ年齢を重ねていない、20代前半の女性であっても職場環境や過度のストレスによってほうれい線ができてしまうことになるので、注意が必要です。

たとえば、パソコンやスマホをよく使う場合、画面を見るために前かがみや猫背となることで、頭の重みで顔の皮膚に影響が出たり、また、睡眠中、横向きやうつ伏せで寝る習慣がある場合には、やはり、顔に重力がかかり、顔がたるんで老けてしまう原因ともなります。

また、食べるときに同じ方でばかり噛んでいたり、頬杖をついたりするのも良くありません。

日所生活の些細な行動や癖によって引き起こされたり悪化したりする厄介なものがほうれい線なのです。

このほうれい線は、放っておくと段々みぞが深くなり、貴方の顔をドンドンと老け顔へと変えていきます。

ほうれい線を消すなくす即効性の高い消し方!

ほうれい線を消すなくす方法!見出し下画像②

では、このほうれい線は、どうすれば消せるのでしょうか?…ほうれい線を消す方法は…?

ここからは、ほうれい線を消す即効性の高い方法をピックアップしてご紹介していきますね♪

ほうれい線を消すなくす方法!「たるみを無くすマッサージ」

ほうれい線を消すなくす方法!見出し下画像①ほうれい線を無くす方法で、まずはじめに考えられるのが、衰えてたるんできた頬の筋肉の回復によって、たるみを無くすということです。

そこで・・・ほうれい線をなくす方法で、効果的なのはマッサージ!

ほうれい線を予防したり、解消したりするには保湿などのスキンケアをこまめにすることもとても大事なことですが、効果的なのはマッサージです。

リンパ液を流したり、コリをほぐすなどして、老け顔のもとであるほうれい線を解消しましょう。

ほうれい線ができる原因はいろいろとあって、ひとつではありません。

加齢や紫外線ダメージ、乾燥や栄養不足などによって、肌内部のエラスチン、コラーゲンが減ってきて、肌にハリがなくってきたり、顔の筋肉が衰えてきたり、リンパの流れが滞って顔がむくんできたりといったことも原因です。

そのため、ほうれい線の対策には、保湿ケアやエイジングケア化粧品でのスキンケアをするだけでは不十分なのです。

効果的なマッサージをすることによって、血行を促進し、リンパ液を流すことがとても大切なのです。

解消マッサージのやり方

肌の内部に老廃物がたまってくると、肌の保水機能が低下して、肌の乾燥が進みます。

これが原因で、ほうれい線などのシワができることもあります。

つまんで、流して、ほうれい線を予防しましょう。

実際のマッサージのやり方です!

簡単にいつでもできるので、隙間時間なども利用して習慣的に行っていければ効果大ですよ♪

1.頬のたるみでほうれい線になってしまうのを予防するマッサージ

唇の下の部分から小鼻の横に向けて、指に少し力を入れて少しづつすまんでいきましょう。

2.マリオネットラインからあごラインをスッキリさせるマッサージ。

あご先から耳の下に向けて、フェースラインに沿って少しづづつまんでいきます。
最後に、頬を引き上げ、リフトアップしたフェイスラインをしっかりと記憶させます。
手のひら全体でフェイスラインを引き上げたら、そのまま5秒間、維持します。

3.頬骨矯正ほうれい線マッサージ。(痛いくらいがよくききます!)

骨格を本来あるべき最良の位置に戻してあげる“頬骨矯正”マッサージです。
固くなってしまっている頬の下の筋肉を下から押して刺激する…これだけで筋肉が目覚めて、元の場所に戻ろうとします。
これで、たるみが解消され、平坦な顔に立体感がでてきます。

効果的なやり方

手をグーにして、頬骨の下に手の第2関節を入れ、強めに押してあげます。
頬骨とあごの骨の間のくぼみに手を当て、クルクルと小さい円を描くように動かします。
仕上げに、耳下からデコルテへと指でマッサージをして、老廃物をしっかりと流してあげましょう。

舌回しのエクササイズも有効!

ほうれい線を消すなくす方法!見出し下画像③先日、あるテレビ番組で専門の先生が「舌回しエクササイズ」を紹介していました。

そのやり方といいますと……舌を頬に押し当てて、そのまま左回りに50回まわします。

次に、同じように、右回りに50回……これを、一日3回行なえば、効果があるそうです。

※ちなみに、わたしは3日間だけやりました…。それじゃ、ダメでしょ…。

成果が出るまで継続するのが大変みたいですね…。

ほうれい線を消すなくす方法!「バランスのとれた食生活」

そして、食事の面では、豚足や手羽先に含まれるコラーゲンやエラスチンを摂取することも効果的で、これらの摂取で、肌弾力が高まり、ほうれい線やシワ、たるみも防いでくれます。

さらに、肌全体のアンチエイジングに有効な成分で、抗酸化作用のあるアスタキサンチンは、老化を防ぐ役割がありますが、これを含む食材には、赤い色素が特徴の海老の殻があり、これらの成分に注目しながら、バランスの取れた偏らない食事をきちんと取るようにすることが重要です。

ほうれい線を消すなくす方法!「化粧品でのスキンケア」

ほうれい線を消すなくす方法!「化粧品によるスキンケア」見出し下画像④次に考えられるのが、肌の手入れによって、弾力・ハリをとりもどし、たるみを無くすというやり方です。

つまり、化粧品によるケアで、ほうれい線を目立たなく消してゆく…ということです。

一度できるとなかなか消えないほうれい線ですが、このしわを消したいと考えるなら顔のたるみの解消につながる基礎化粧品でのケアがお勧めです。

特に、ほうれい線を消したいと考えた時の化粧品で有効なのは、ヒアルロン酸やコラーゲンを配合した保湿力の高い基礎化粧品です。

前述したように、乾燥はほうれい線ができる大きな原因です。

そのため、肌が潤っている状態をキープすれば、しわが浅くなったり消えたりする効果が期待できます。

ストレスの原因を絶ったり、生活環境を変えたりはなかなかできませんから、まずは保湿力の高いものを使って乾燥対策をすることが大切です。

このとき、ゆっくりと顔をマッサージすれば、リラックス効果も期待できますし、フェイスラインを引き締めることもできますから一石二鳥です。

ほうれい線を消すなくすおすすめ化粧品!をランキングでまとめてみました♪

また、どのような化粧品がほうれい線を消すのに適しているのかその特徴もご紹介していますので、参考までにチェックしてみてください♪

詳しくはこちらをチェック♪ ⇒ほうれい線を消すなくすおすすめ化粧品ランキング!

ほうれい線から肌を守る!ほうれい線対策は?

ほうれい線対策!「保湿力の高い化粧水を使う」

ほうれい線対策 見出し中画像510年や20年前はあれほど活躍していて、ドラマや映画の主役級で頑張っていた美人の芸能人が、いつの間にか消えた状態となり、どの媒体でも見かけなくなることがあります。

結婚や子育てなどが理由で引退した芸能人もいますが、中にはほうれい線やしわが目立つような肌となり、人気がなくなってしまったので、仕事が来なくなった人もいるようです。

女優の場合は特に美肌の持ち主でなければ、ドラマや映画の主役はもちろん、化粧品の広告などの仕事もなくなってしまうので、いつのまにか見かけなくなったときは、老化の問題が少なからず関係しています。

どれだけ美人の人気スターであっても、老いには勝てないので、もし現在、ほうれい線やしわが出来たとお悩みの方があれば、現在使っている化粧品を、保湿効果の高いものに切り替えて使うようにしてください。

そのような肌トラブルが起こるということは、ローションや美容液が肌に合っていない証拠ですし、乾燥しやすい状態になっているので、早めに対策しないと、さらに老化現象が進んでしまうでしょう。

20代前半までの肌には、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの美容成分がたっぷり含まれているので、それが肌にハリや弾力を与えてくれます。

しかしこれらの成分は年々減少してしまうので、肌が重力に逆らえなくなって、下の方に落ちてしまい、それがほうれい線やしわ、たるみなどの原因となります。

ゆえにこのような老化現象を防ぐには、保湿効果の高い化粧品を使って、肌に足りないうるおいを補給しなくてはなりません。

ローションや美容液のラベルには、どんな成分が配合されているかが書かれてあるので、それをよく見てから、どれを購入するか、決めるようにしたいですね。

保湿効果の高いローションや美容液を使えば、肌がみずみずしい状態を取り戻し、バリア機能もアップするので、冬の空気の乾燥や花粉、ハウスダスト、紫外線などの外界からの刺激から肌を守る効果も高くなります。

特に紫外線の強いところで長時間過ごすと、肌トラブルが起こる危険性が増し、ほうれい線やしわ、たるみなどが出来やすくなるので気を付けるようにしてください。

日焼け止めクリームを塗れば、紫外線の影響を最小限に抑えられるので、夏は肌の乾燥だけでなく、太陽の日差しにも注意して生活しなければなりません。

ほうれい線やしわに効果のある保湿化粧品選びで悩んだときは、ランキングが参考になるので、出来るだけ上位に選ばれているものを購入するようにしましょう。

ほうれい線対策!「乾燥しないようにする」

ほうれい線対策 見出し中画像7肌にたっぷりの水分を与えるためには、室内の湿度にもこだわる必要があります。

冷暖房を効かせすぎた部屋にいると肌が乾燥してカサカサしてきて、特に冬場などは肌のかゆみの原因になります。

ニキビや炎症などが発生していないのに肌がかゆくなる場合は、乾燥している可能性が高いと考えてください。

顔という部位は衣服で隠れていませんので、湿度や気温の影響を非常に受けやすいです。ほうれい線撲滅のためには部屋を乾燥させすぎないことが大切ですから、加湿器を導入して調整しましょう。

湿度が40%~45%くらいになると肌の乾燥を感じるという人が多いので、もう少し湿度を上げて保湿対策をしてください。

乾燥している状態はバリア機能も低下しているので、肌の健康のためによくありません。

外出するときは日焼け止めを塗るのが大切で、雨天以外の日は使用したいところです。

ただ雨天から急に晴天になるケースはありますので、できれば毎日のメイクの一環として日焼け止めを使用するのが得策ですね。

ほうれい線対策「紫外線」

ほうれい線対策 見出し中画像6肌トラブルの原因は、昔は加齢がいちばんの原因だと言われていました。

つまり加齢により肌機能が低下して、それによる老化現象の一環として、ほうれい線などの肌トラブルが引き起こされると言う考えが一般的だったと言うことです。

しかし研究が進むにつれ、実は加齢以上に紫外線によるダメージが最たる原因であると言うことが明らかにされ、現在ではこの説が一般的だとされています。

紫外線は肌から急激に保湿力を奪ってしまうので、将来的にほうれい線のリスクを高くしてしまいます。

紫外線に負けない肌を作るためには、メイクに加えて日焼け止めクリームが必要になります。
クリームは適度な粘度がありますので、肌に成分が残りやすいわけです。

化粧水や美容液を塗布しても、そのままの状態だと保湿力が長続きしません。

乳液やクリームで水分が逃げないようにフタをすることで、保湿力が長続きしてくれます。

ほうれい線は急に発生するものではなく、若いころからの肌ケアの積み重ねが大きく関係しています。

肌が乾燥しやすいタイミングには入浴後があり、入浴時は浴室の湿気によって肌が保湿されますが、入浴後は急速に肌から水分が奪われていくのです。

あっという間に肌が乾燥していくので、速やかに保湿液を使用してください。

十分なうるおいを与えておけばモチモチと弾力性のある肌を維持でき、この状態はバリア機能が高くなっています。

常にバリア機能を高く維持することが究極の保湿ケアにつながりますので、モチモチ肌を維持するスキンケアを意識してください。

肌が疲れてくると次第に乾燥したり、カサカサしたりしてきますので、そうなる前に対処することが大事です。

かゆみや炎症などの肌トラブルが増えてきた場合は、乾燥不足を第一に疑ってください。

オイリーや敏感肌と比較しても、乾燥肌はほうれい線の原因になりやすいです。

紫外線から肌を守る日焼け止めの特徴

紫外線は、主にふたつの種類に分類されます。

ひとつは紫外線B波で、これは波長が短い代わりにエネルギーが強いと言う性質を持っています。

そのため、短時間で肌の表面を焼き、そのダメージによってメラニン色素を過剰に分泌されることから、シミや色素沈着の原因になる紫外線です。

そしてもうひとつが紫外線A波で、こちらはエネルギーはそれほど強くないものの、波長が長いと言う性質を持っています。

そのため、B波とは異なり、肌の奥深くにまで到達し、肌の成分を破壊する紫外線と言うことができます。

肌の奥深くには、肌の弾力を構成しているコラーゲンやエラスチンと言った成分が存在しています。

そのためA波を無防備に浴び続けると、それらの成分が破壊されてしまい、結果として肌弾力が著しく低下してしまうこともあります。

その結果として発生する肌トラブルのひとつが、ほうれい線です。

ですから見た目年齢を実年齢以上に押し上げて見せるほうれい線を予防するためには、A波に対する防御を徹底する必要があります。

A波は、浴びてからすぐにそのダメージが出てくるのではなく、成分を破壊すると言う特性上、浴びてから数年後、長い場合には十数年後にダメージが出てくるのが特徴です。

よって若い人でも、若いから大丈夫と紫外線対策を怠っていると、年齢を重ねていくたびに肌たるみが酷くなり、やがてほうれい線が刻まれると言うことにもなりかねません。

そして一度、発生してしまった肌たるみやほうれい線を改善するのは、決して簡単なことではありません。

ですから若い内から、紫外線対策を徹底することが重要です。

その対策として最も効果的なのは、年間を通して日焼け止めを使用することです。

日焼け止めには、その防御力を示す表記がされています。

この内、A波に対する防御力の強さを示すのはPAと言う値です。

その数が多ければ多いほど、A波に対する防御力は強いと言うことですから、夏場や日中、長時間、野外で活動をする時などは、できるだけこの数が多い物を使用するのが望ましいです。

未来の肌トラブルを防ぐためには、今の紫外線を防ぐことが重要です。

紫外線対策はいかに早く始めるかがポイント

紫外線対策を始めるのに早すぎることはありませんので、ほうれい線防止を意識したタイミングから始めてください。

多くの人は若いころから本格的なスキンケアはしませんが、これは肌の抵抗力がまだ高いからです。

老化はどこか人ごとと考えているところが大きく、それゆえ本格的なケアを始める人は少ないです。

しかしこのタイミングで紫外線ケアを始めていれば、将来の肌を安定させられるのは間違いありません。

肌は急に10歳老けるということはなく、段階的に老化していく性質があります。

紫外線を受けても肌ダメージが出ないと思っている人は多いですが、これはまだ表面化していないだけです。

肌の奥底ではメラニン色素が誕生しており、着実に肌トラブルの時期を早めています。

紫外線は乾燥肌になる一番の要因であり、過剰に浴びてしまうとほうれい線のリスクが高くなります。

若いころは弾力性のある肌を維持できていても、30代や40代以降になれば肌質は大きく変わってくるでしょう。

インナードライを実感する人が増えてきますし、過度の乾燥からオイリーに傾いてしまう人もいます。

乾燥肌とオイリー肌は紙一重であり、乾燥した状態は肌が危機感を覚えてしまうため、過剰に皮脂を産生するようになります。

皮脂分泌が増えると肌がテカテカになって、ニキビのリスクを高めるわけです。

複数の肌質が混在している混合肌の状態は、ほうれい線が発生しやすいので注意してください。

正常肌を維持するのが美肌になる基本ですから、いかに紫外線を予防するかがポイントになります。

若いころは間違った洗顔を行っていることが多く、これが肌乾燥の原因になっています。

スポンジでゴシゴシと擦るように洗浄すると汚れが落ちている気分になるかもしれませんが、実際は必要な皮脂も落としているケースがあるのです。

適量の皮脂は紫外線から肌を守るために作用するので、これは残しておく必要があります。

皮脂分泌を適切にするには保湿が要になりますので、洗顔後はしっかりと保湿したうえでクリームを塗っておきましょう。

クリームは保湿力を維持する作用がありますので、化粧水や美容液の使用後に塗布してください。

最後は日焼け止めで仕上げをしておけば、肌の老化を大幅に抑制できるでしょう。

年齢未満の若々しい肌を維持することが、将来のほうれい線の予防対策になるのです。

見た目よりマイナス5歳を目標にしてスキンケアを続けていきましょう。

まとめ!最後に・・・ほうれい線の予防で大切なことは…

年齢肌トラブルの上位に挙げられることの多いほうれい線、これはしわが深く刻まれてしまっていることによる肌トラブルですが、この線が顔の中にあるだけで、一気に見た目年齢は引き上がり、疲れた印象に見せてしまいます。

遠目で見てもこのほうれい線は、溝がくっきりと現れているので、余計に目立ち、メイクでもなかなかごまかしきれないので、深刻なコンプレックスになってしまっている女性も少なくありません。

一度深くほうれい線が肌に刻まれてしまうと、なかなか消えないので、早い段階からしっかりと予防を行っていきましょう。

予防法としては、一にも二にも保湿ケアです。

前述したようにほうれい線もたるみも、しわと同じなので、とにかく肌を乾燥させないことに限ります。

肌表面に現れるトラブルは、全てが肌の潤い不足が引き金になっているといっても過言ではなく、年齢肌悩みも、ニキビも、シミも、肌のかゆみも、全てが乾燥によって引き起こされているということを知っておきましょう。

つまり、肌トラブルのない美肌を維持するためには、年齢、季節、肌質に関係なく、一貫した保湿ケアが大切だということで、ほうれい線を予防したい場合にも、たっぷりと潤いを与えてあげるように努めておくことが必須です。

これは出来てしまったほうれい線を目立たなくさせる効果もあり、肌表面だけではなく、肌の奥の細胞間に潤いがたっぷりと満たされていれば、細胞は綺麗に整列し、肌表面にも溝は生まれません。

この細胞を乱さないようにする為には、潤い成分をしっかりと肌の奥深くに届け、そこにとどまらせることが大切で、肌のバリア機能を正常に働かせ、外部からのダメージを内部に届けさせないようにすることも重要です。

ですので、ほうれい線を防ぐにはやはり日頃の保湿ケアが非常に重要になってきますので、少しでも早く保湿対策には取り組んでいきましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

商品開発者(専門研究者)のご紹介

当サイトでご紹介しています化粧品を研究・開発されました専門研究開発者・ドクター・博士の皆様をご紹介します。

皮膚科専門医の今泉明子先生
東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ 元院長

ほうれい線化粧品開発者 今泉先生 画像先端美容の皮膚科医発、攻めのエイジングケア(*)「ミューノアージュ」とは。東京六本木にある複合施設「東京ミッドタウン」。その中にある「東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ」で、2008年「ミューノアージュ」は誕生しました。ノアージュの院長であり、皮膚科専門医の今泉明子先生は診療のかたわら、全国のドクターに美容医療の指導を行うなど、幅広く活躍をしています。そんな今泉医師が年間6,000人以上のお肌を診てきた経験と、米国でのハリ研究をもとに、エイジングケア(*)化粧品として開発したのが「ミューノアージュ」です。

出典:阪急阪神百貨店公式通販

(※今泉先生は現在、「東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ」を退職なさっておられます。)

今泉院長が4月いっぱいで、Noage院長を退任することになり、5月より、新院長に変わりました。

出典:「東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ」

ブライアン・ケラー薬学博士

浸透テクノロジーの第一人者/元カリフォルニア大学教授/バイオゾーン研究所 上級福社長

Drブライアンケラーと聞いてもあまりピンときませんが、ビーグレンの開発者と聞けばわかる人も多いと思います。ドラッグデリバリー専門のバイオ製薬会社を作り、経皮デリバリーシステムを確立した人です。少し難しい言葉が出てきましたが簡単に説明すると、副作用のない安全な物を作るシステムです。ビーグレンは独自の浸透テクノロジーなど、サイエンスからヒントを得た製法を取り入れています。

スキンケアの開発をする前から、癌や遺伝子の治療薬と浸透技術の研究をしていたブライアンケラー博士は、同じ技術を肌に塗るスキンケアに応用することを考えつきました。シワやたるみに悩む自分のワイフを見て、本当に求められているのはイメージではなく効果であることを確信し多少手触りが悪くても、とにかく効果がでる製品の開発に取り組みました。これがブライアンケラーが開発したビバリーグレンラボラトリーズ【 b.glen 】ビーグレン誕生のきっかけになったのです。

Drブライアンケラーからのメッセージ

ほうれい線化粧品開発者 ブライアン画像アメリカではコスメフリークやセレブリティーといった一部の熱狂的な愛用者ばかりではなく、本当にたくさんの方々にご愛用いただいているスキンケアのブランドそれがb.glenです。その理由は、私ブライアンケラーが開発した医療レベルの浸透テクノロジーが、今までの単なる化粧品には無い、高い効果と即効性をスキンケア製品にもたらしたからです。もしも貴女が、まだビバリーグレンの「b.glen」をお試しになったことが無いのでしたら、ぜひ今日、トライアルセットからスタートしてみてください。そして貴女のお肌に合うことが確認できたら、今度は、もう一ヶ月お使いになってみてください。ビーグレンのトライアルセットを使い始めてちょうど一週間後、貴女はお肌のはっきりとした変化に気づかれると思います。そして一月後、貴女のお肌はすっかり甦って、自信と笑顔満ち溢れるはずです。

出典:ブライアンケラー(Drケラー)

富士フイルム研究開発トップメッセージ
富士フイルムは多様な事業分野とビジネスモデルを持っており、そのポートフォリオ、技術資産、人材は世界に例を見ないほど多種多彩です。研究員たちは、自身の専門領域を深めることは当然ですが、周囲との協働により幅広い知識と経験を身に着けています。数学者が医療診断画像の意味を理解したり、バイオの実験に手を染めたり、プロセスエンジニアが最先端のAIを駆使してモノ作りを行っていたり、素材の基礎研究者がOpen Innovation Hubで世界中の顧客相手に”当社の顔”として新規テーマ創出に向けた協業を進めたりと例を挙げればきりがありません。このような社内協業を広範に実施できることが当社R&Dの強みです。

出典:FUJIFILM開発研究ビジョン


出典:化粧品人気ランキング@40代へおすすめ~選んでみました!

ほうれい線の化粧品…ランキングの順位について…
ご紹介していますほうれい線の化粧品のランギング順位につきましては、当サイトが独自に調査したものですので、ご了承ください。

該当商品の売れ筋状況、体験者の声・口コミ・プレビュー、販売店への聞き取りなどの調査を元に、当サイトなりの順位をつけています。

すでに体験された方のレビューやクチコミ、モニター調査、売れ筋情報やリピート率の動向などから調べた結果をランキングしています。

独自の調査の結果とは言え、できるだけ公正さや正確さを保つため、様々な公的データ、体験された方の口コミ、レビュー、モニター調査、売れ行き傾向、リピート率などから調べてランキングしました。

直接の化粧品製造会社や販売会社の研究開発、調査データはもちろん、日本最大のコスメ・化粧品の口コミサイトの@cosmeをはじめ、 AMAZONYAHOO SHOPPING楽天、などでのさまざまな情報も十分に加味いたしております。

さらに、それらに加え、スキンケア大学、 All About などの美容の専門家、プロの方々の見解も参考にさせていただき、また、JCLA 日本化粧品検定協会、さらには、厚生労働省 医薬・生活衛生局などの公的機関のサイトも参考にさせていただいています。

化粧品は、ご自分の肌との相性がありますので、ある人が使って効果があっても、あなたには合わないかもしれません。

お試しセットなどを提供している販売店が結構ありますので、まずは、お試しセットの利用で自分の肌との相性を確認されることをおすすめします。

そして、自分に合いそうな商品を決めたら、成果が出るまである程度は継続して使用するのが賢明だと思われます。

当サイトのランキングが、ほうれい線にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。