NFTは転売で稼げる?稼げない?転売のやり方は?手数料はどのくらい?

NFTは転売で稼げる?稼げない?転売のやり方は?手数料はどのくらい?

今、何かと話題のNFT!

ブロックチェーンの技術よって、ゲームやアート作品が高価で買い取りされたりなんんてことが実現されていますね。

これから参入しようとされる方も多いと思います。

そこで注目されているNFTビジネスがNFT作品による転売ですね。

  1. NFTって転売できるの?NFTの転売は稼げる?
  2. NFTの転売のやり方は?
  3. NFTの転売には手数料はある?どのくらい?

NFT転売に関して・・・こういったところが気になるのではないでしょうか?

今回は、そんなNFTでの転売について、そもそもNFTは転売で稼げる?転売のやり方(方法)は?手数料はいる?どのくらい?

といった、このようなNFT転売に関しての知っておきたい情報をまとめていきたいと思います。

NFTアートで売れるものとは?
『どんなのがNFTアートで売れてんの?』

NFTではアート作品での出品・買取が過熱していますね。

でも、NFTに自作の絵を出品したり、転売用に買取しても、売れなかったら損するばかりですよね。

こちらの別記事の方で、NFTで売れるものなどをまとめてみましたので、これからNFTで売りたいなんてお考えの方などは参考になるかと思います。

>>NFTアート売れない?何が売れる?売れた絵は?売れるのに必要なこと!

 

NFTの転売とは?どんな仕組み?

NFT転売とは?どんな仕組み?

NFTには、仮想通貨にも使われるブロックチェーン技術が使われています。

仮想通貨は、唯一の物ではなく、通貨として同じものがたくさんある必要があります。

なので、FT(代替性トークン)として、ブロックチェーン上で取引を計算していきます。

NFT転売とは?ブロックチェーン

NFTは、それが他にない唯一のものという保証書をブロックチェーン上に記録して、NFT(日代替性トークン)として、取引します。

よく分からないという方は、NFTは、デジタル作品に「これは唯一無二の物」というお墨付きを付ける仕組みという認識をしておけば、間違いはないでしょう。

デジタルアートは、これまで簡単にコピーできるため、希少性といった価値を付けることができなかったのですが、NFTによって「これはコピーではない、オリジナルなもの」という付加価値をつけられるようになり、デジタルアートに価値を付けることができるようになりました。

これにより、現実の画商のように、NFTでデジタルアートを売買することができるようになったのです。

画商には、真贋を判別する目利きが必要でしたが、NFTはブロックチェーンがその真贋を保障してくれます。

NFTの転売のやり方を解説!

NFT転売のやり方

NFT転売は、既存のNFT作品を買い取って転売することを指します。

手っ取り早くNFT投資で儲けたいなら、このNFT転売がいいでしょう。

NFT作品はNFTマーケットプレイスで売買されています。NFTの売買には、「イーサリアム」という仮想通貨が使われます。

NFT転売のやり方 イーサリアム

イーサリアムは、「スマートコントラクト」という、取引をプログラム化できる機能があり、確実に売買を成立させることができます。

この機能を使って、デジタルアートの売買の度に、売買額の一部を著作者に送金するようなプログラムを作ることができます。

このようなプログラムで、著作者に還元する仕組みができるので、デジタルアートの売買にはイーサリアムが使われることが多いのです。

イーサリアムについては、このくらいとして、NFT転売を始めるために必要なことを説明していきます。

NFT転売を始めるには、まず、マーケットプレイスに口座を作る必要があります。

NFT転売のやり方 マーケットプレイス

マーケットプレイスは、

  • CoincheckNFT(β版)
  • AdambyGMO(β版)
  • OpenSea

等があり、これらに口座を作ります。

仮想通貨等、取引可能な通貨を購入し、マーケットプレイスの口座に入金することで、NFT作品を購入することができるようになります。

NFT作品を購入したら、次は売りに出します。

購入金額と手数料(GAS代)を踏まえて価格を決め、マーケットプレイス上で売り出します。

NFT作品が売れたら、売却額と購入額の差が儲けとなります。

 

NFTの手数料(GAS代)は?

NFT転売のやり方 手数料

イーサリアムでNFT取引をしていると、随所でGAS代と呼ばれる手数料を支払うことになります。

GAS代って、どんなタイミングで支払うのでしょう?

GAS代が発生するタイミングとしては以下のようなものとなります。

  • NFTを買う
  • NFTを売る
  • NFTを送る
  • 自分のウォレットから送金する
  • 新しいNFTを発行する

と・・・上記のようなタイミングで、GAS代が発生します。

GAS代が発生する理由は、マイニングに対する手数料を支払わなければならないからです。

イーサリアムは、ブロックチェーンで取引を承認しますが、この承認は第三者のコンピュータによって計算されます。

ビットコインでも、この第三者のコンピュータによる計算・承認が必要ですよね。

NFT転売のやり方 ビットコイン

これをマイニングと言います。

GAS代は、マイニングに対する手数料です。

GAS代は、一定の金額を支払うのではなく、自分でGAS代を設定できます。

イーサリアムのブロックチェーンでは、1秒間に承認できる処理の量が決まっているので、手数料の金額で優先順位が決まります。

GAS代をけちると、いつまでたっても決済されないので、提示される「推奨されるGAS代」を参考に適切なGAS代を支払ってください。

イーサリアムが普及するにつれて、将来的にGAS代の高騰が予想されています。

オフチェーンなどGAS代を削減する技術も開発されているので、それらも留意してイーサリアムを使っていきましょう。

また、メタバースでもNFTが大きくかかわっていくことが予想されています。メタバースのメリットデメリットについて知っておくといいでしょう。

 

NFTの転売は稼げる?

NFT転売は稼げる?

NFTの転売は、大きく稼げるポテンシャルがある一方で、売るためには相応の努力が必要となります。

NFTアートは、なかなか売れないので、売り手が遠慮がちに値段を下げてしまう傾向があります。

その一方で、一度そのアート(というかアーティスト)がバズると、急激に取引価格が上がります。

これからバズるアーティストが分かれば、仕入れたNFTアートが3倍~5倍以上で売れたなんて話もよく聞きます。

NFT市場は拡大中

NFT転売 市場拡大

NFT市場で稼ごうとするなら、まさに今がねらい目だと言えます。

というのも、NFT市場は、現在、拡大しているからです。

NFTは、メタバースと関連が深く、メタバース市場が拡大するに伴って、NFT市場も拡大していきます。

新規参入が増え、需要が増えていく今こそ、NFTで稼ぐチャンスと言えます。

NFT転売において禁止されているものとは?

NFT転売 禁止

NFT取引は、まだまだ新しいシステムで、法的整備が整ているとは言えません。

そのせいか、自分の著作物ではないものをNFT化して取引するような不届き物も多く出ています。

この場合は、単純に著作権侵害に当たるので、相応の法的処置が課せられます。

既存の著作物に小さな変更をすれば、自分の作品…などと言いだす人もいますが、これは著作人格権の同一性保持権の侵害に該当します。

このように、NFTには取り扱いが禁止されるようなものもあります。

これら他者の著作物を無断利用することを、「転売」と表現することがあるようで、「転売禁止作品」といった表現が見られます。

NFTアートを購入して、転売するのと混同されそうで、紛らわしいですね。

昨今では、転売禁止作品を規制するシステムも出来てきています。

例えば、機械学習を使った画像認識AIで、元画像に多少の変更が加えられていても、転売作品であると見抜くことができます。

もしも転売の疑いのあるNFT作品が見つかったら、著作者へ連絡が届くようにもなっています。

NFT転売をする際は、著作権侵害に気を付ける必要があります。

もしもうっかり著作権侵害のNFT作品を転売した場合は、自分にもるいが及ぶ恐れがありますよ。

『NFTゲームは稼げるのか?』
NFTゲームって稼げるの?

最近はNFTゲームで稼ぐコンテンツが出てきて、新しい稼ぎ方として日本でも注目されてきています。

ですが、実際ホントに稼げるのか?初期投資もいるみたいだし・・・このあたりが非常に気になりますよね・・・

また、どんなNFTゲームが稼げるのか?その稼ぎ方が知りたい!

そんなNFTゲームの稼ぎ方について・・・・

こちらの方でまとめてみましたので、これからNFTゲームで稼ぎたい!と検討している方は参考までにチェックしてみてください♪

>>NFTゲームの稼ぎ方!初期費用はいくら?稼げるゲームはコレ!

まとめ

NFT転売 まとめ

NFTのブロックチェーン技術によって、革新的にその用途が拡大してきているNFT!

今回は、そんなNFTでもビジネスチャンスとして注目されている、NFTに転売について解説していきました。

NFTの転売についてまとめてると、以下のようになりました。

  1. NFTの転売のやり方はイーサリアムでの取引。マーケットプレイスで商品を出品などやり取りする。
  2. NFTの作品や商品を転売などで取り扱う際の注意点、GAS代などの手数料がかかってくる。
  3. 著作権侵害にあたる商品は転売すると著作者に通報が行く。
  4. 転売禁止作品を規制する動きに注意。今後法律で罰せられる?

今後、NFTは世界中でさらに拡大され日本でもあらゆるビジネスと融合されると思いますので、

この機にNFTの転売については一通り把握しておいて損はないかと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

NFTアートを作るなら!便利なおすすめアプリを厳選!
NFT 2022.11.05

NFTアートを作るなら!便利なおすすめアプリを厳選!

NFTゲームは稼げない?初期費用はいくら?稼げるゲームは?
NFT 2022.11.05

NFTゲームは稼げない?初期費用はいくら?稼げるゲームは?

NFTアート売れない?何が売れる?売れた絵は?売れるのに必要なこと!
NFT 2022.11.05

NFTアート売れない?何が売れる?売れた絵は?売れるのに必要なこと!

NFTデジタルアートの始め方!販売方法・出品方法を解説!
NFT 2022.11.05

NFTデジタルアートの始め方!販売方法・出品方法を解説!