Steamdeckはどこで予約できる?在庫状況は?転売対策は?

Steamdeckはどこで予約できる?在庫状況は?転売対策は?

ValveCorporationが提供する携帯用PCゲーム機、Steam Deckが、日本でも発売されますね。
2022年の年末を予定している初回出荷予定分については、もう予約の受付が始まっています。

7インチ液晶に、2つのアナログスティック、D-PAD、ジャイロ機能など、NintendoSwitchを彷彿させる見た目ですが、2つのトラックパッドと4つの背面ボタンもあり、より多彩なプレイスタイルができます。
OSは、LINUXベースのSteam OSで、パッド操作のみで全ての機能にアクセスできるように設計されています。
Ryzen35300U並みの処理能力、Ryzen75800U以上のグラフィックス性能を持つAPUを搭載し、ゲーミングPCとしても、かなりの水準を持ちます。
外部ディスプレイに繋げることで、LINAX PCとしても使用が可能で、ゲーム機として使いながら、PCとして作業することもできます。

そんな、ゲーミングPCとして理想的なSteam Deck。ゲームに興味のある人なら、ぜひとも欲しいですよね。
Steam Deckを購入するための、予約方法などをご紹介します。

 

steamdeckはどこで予約できる?在庫状況や予約方法は?

引用:https://www.photo-ac.com/

ValveCorporationの提供するSteam Deckですが、販売は株式会社Komodoが提携して行います。
予約は、こちらから行えます。

予約は1人1回限りで、在庫が確保されるとメールで通知され、72時間以内の購入が可能です。
予約語のモデル変更は出来ないので、よく検討してから予約しましょう。

購入時には、予約保証金として1000円支払う必要があります。この予約保証金の1000円は、購入代金から差し引かれるのでご安心を。

支払いは、クレジットカード、LINE PAY、auPay、コンビニ決済、ペイジー決済、銀行振込、AliPayが利用できます。

SteamDeckには、3モデルある

Steamには、3通りのモデルがあります。
ご希望のモデルを選択し、予約します。

64GB eMMC

eMMCなので、SSDである他のモデルと比べてデータ転送速度が遅くなります。
59,800円

オプション
・キャリングケース

256GB NVMe SSD

データ転送速度の速いSSDを採用しています。
それほど容量が多くなくてもいいけど、ストレージの速度が欲しいなら、このモデル。
79,800円

オプション
・キャリングケース
・限定Steamコミュニティプロフィールバンドル

512GB  NVMe SSD

最上級グレード。
予約サイトでは、256GBモデルよりもストレージの速度が速いようなことが書かれていますが、海外の検証サイトによるとほとんど差がないそうです。
ストレージ容量と、オプション内容で選びましょう。
99,800円

オプション
・限定キャリングケース
・限定Steamコミュニティプロフィールバンドル
・プレミアム防眩エッチングガラス
・限定仮想キーボードテーマ

どのモデルがオススメ?

それぞれのモデルの差は、容量の差とデータ転送速度。
あとは、オプションの違いくらいなものです。

この容量とデータ転送速度の差については、マイクロSDカードを使うことで、埋められます。
というのも、Steam Deckは2TBまでのマイクロSDカードを利用できます。容量の差は、これで埋まりますよね。
そして、海外の検証サイトによると、何故か、マイクロSDカードの転送速度は、256GB/512GBモデルのSSDの転送速度と変わりなかったそうです。

マイクロSDカードの速度が、SSDと同等というのは眉唾物に聞こえるのですが、この情報を真に受けるなら、64GBモデルがオススメということになります。

★steamdeck!Switchとの違いは?
Steamdeckって・・・「Switchあればいらない?」なんて声もあるみたい?

Steamdeckは、Switchと形態が非常に似ているため、Switchとの「スペックの違い」などが気になる方も多いのではないでしょうか?

こちらで、steamdeckとSwitchとのスペックを比較して、どう違うのか検証してみました。

参考までにチェックしてみてください♪

>>Steamdeckは買い?何ができる?Switchとのスペックを比較!

 

steamdeck!転売対策はある?

引用:https://www.photo-ac.com/

SteamDeckは、欧米で販売した際に、発売してすぐに高額で転売されるという事態となり、転売に対して強く警戒しています。
もちろん、日本での販売についても、転売対策は施されています。

SteamDeckは予約販売となっており、在庫が確保されるとメール通知され、その後72時間以内に購入するようになっています。予約は、1人1回限りです。

SteamDeckは、Steamの利用を前提としていることもあるため、個人の特定にSteamのアカウントを利用しています。購入条件として、以下の条件があります。
・Steamのアカウントを保有していること
・Steamでの購入履歴があること
・購入手続きのメール通知の際に、アカウントの状態が良好であること

 

まとめ

2022年末に、SteamDeckが日本でも販売されるようになります。その予約がすでに始まりました。

予約は、株式会社KOMODOからできます。(https://steamdeck.komodo.jp/product/steam-deck/

SteamDeckには、3モデルあり、容量とストレージ速度に差があります。

SteamDeckは、転売対策として、購入にはSteamアカウントが必要となります。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Steamdeckは買い?何ができる?Switchとのスペックを比較!
game 2022.11.01

Steamdeckは買い?何ができる?Switchとのスペックを比較!

Switchでpcのプロコン勝でジャイロが勝手に動くのはなぜ?対処方法!
game 2022.11.01

Switchでpcのプロコン勝でジャイロが勝手に動くのはなぜ?対処方法!

Steamはなぜ人気?何でプレイができる?おすすめゲームは?
game 2022.11.01

Steamはなぜ人気?何でプレイができる?おすすめゲームは?

SwitchでプロコンがPCに接続できない?反応しない?原因と解決方法!
game 2022.11.01

SwitchでプロコンがPCに接続できない?反応しない?原因と解決方法!