前澤社長も注目!web3.0とは簡単に!おすすめ仮想通貨銘柄は?

前澤社長も注目!web3.0とは簡単に!おすすめ仮想通貨銘柄は?

最近、耳にするようになったWEB3.0。

セカンドライフが登場した当たりにも出てきたような気もするのですが、今回はちゃんとした定義づけが出来て、本格的にWEB3.0の時代に突入してきたことが実感できます。

ZOZOTOWNの前沢社長も注目しているようですね。

前沢社長は、WEB3.0に関連したファンドも作っているようです。

WEB3.0で注目されている技術に、ブロックチェーンがありますが、ブロックチェーンと言えば仮想通貨の基盤になっている技術。

仮想通貨もWEB3.0に欠かせない要素となると、WEB3.0に関連する銘柄も気になる所ですね。

でも、WEB3.0と言っても、難しそう…簡単に説明してほしいなぁ…なんていう人も少なくないのではないでしょうか?

そこで、WEB3.0について、簡単に説明してみましょう。

WEB3.0について、おススメの仮想通貨の銘柄もご紹介していきたいと思います。

 

前澤社長も大注目!web3.0とは?簡単にわかりやすく解説!

 

web3.0は新たなビジネスの稼ぎ方としても注目されていますが、どのような可能性を秘めているのでしょうか?

WEB3.0を説明するにあたって、多くの人が気になるであろうことは、WEB2.0とかWEB1.0というのもあるの?ということではないでしょうか。

このWEB○.○という表現は、インターネットの技術が一つ上の段階に上ったと感じたころに、WEB2.0として表現された言葉です。

では、WEB1.0から順を追って説明していきましょう。

WEB1.0~WEB3.0

WEB1.0からWEB3.0までを、段階を追って説明していきます。

WEB1.0

WEB1.0は、情報の発信者が限られていた段階です。

WWWが普及して、個人んがウェブサイトを作って情報を発信できるようになりましたが、基本的にウェブサイトを作って発信するのはごく一部の

コミュニケーションの手段はメールが中心となります。

BBS(掲示板)により、情報の発信者と閲覧者の双方向的なコミュニケーションがなされていました。

BBSを発展させる形で、WEB2.0の段階に移ります。

WEB1.0の主な技術
・WEBサイト
・メール
・BBS(掲示板)

 

WEB2.0

WEB2.0が語られるようになったのは、無料ブログサービスが流行し、MIXI等のSNSが登場しだした頃でした。

これまで、ウェブサイトを開設するためには、サーバーを用意し、ホームページ作成ソフトやHTMLの知識を必要とするなど、一般的には手軽とはいいがたい状態でした。

それが、無料ブログサービスが流行することで、誰でも手軽にWEBを通じて情報や表現を発信できるようになりました。

ブログ、wiki、SNSにより、情報発信者が格段に増え、個別のコミュニティーを作るようになったことが大きな特徴と言えます。

WEB2.0は、利用者が自由に情報を発信できるプラットホームが出来たとされますが、WEB3.0の観点から見ると、そのプラットホームは企業が用意したものであり、中央集権的であるとされています。

WEB2.0の主な技術
・ブログ
・SNS
・ロボット型検索エンジン
・Wiki

 

WEB3.0

WEB3.0になると、WEB2.0が中央集権的であるとされます。

そのサービスを運営している企業に、情報が掌握されてしまうという危機感もあり、またその企業が破綻することがあれば、個人が培ってきたブログやSNSも一緒に消えてしまう恐れがあります。

とりわけ、WEB2.0では、GAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)によって、WEB上の権力が独占されているとされ、WEB3.0では、それらの権力の個人分散を目指す方向に進んでいます。

権力の個人分散を実現する技術として注目されているのが、ブロックチェーン技術です。

ブロックチェーン技術は、現在、仮想通貨やNFTで使われている技術です。

ブロックチェーン技術は、インターネット上の取引データを、ネットワーク上でチェックしあう技術です。

従来では、特定のサーバーで一括して、取引データを管理していましたが、これだと悪意のあるサーバー管理者がいれば悪用されることもあるし、改ざんされることもあります。

しかし、ブロックチェーン技術を使ったサービスでは、複数のユーザーで取引データを記録sるうので、改ざんや複製、不正アクセスがあればすぐに検出されます。

このブロックチェーン技術を活用することで、特定の企業が個人情報を掌握することによるプライバシーの問題や、情報漏洩のリスクを低減できると考えられています。

WEB3.0の主な技術
・ブロックチェーン技術
WEB3.0はまだ新しい概念で、この先、関連した技術が生まれてくると考えられます。

 

WEB3.0をまとめると

WEB3.0は、ブロックチェーン技術を活用することで、中央集権的なサーバーに管理されることなく、WEB上でサービスを受けられることを目指しています。

WEB3.0が実現することで、以下の4つのメリットが考えられます。

セキュリティレベルが上がる

ブロックチェーン技術を使用した分散型ネットワークでは、取引情報が暗号化され、複数のユーザーで共有されます。

特定のサーバーが攻撃されることで情報が漏洩することもなく、改ざんや不正アクセスもすぐに検知されます。

中央管理されることなくWEBサービスを利用できる

国によっては、政府のサーバーによってアクセスが制限され、自由に情報にアクセスできないこともあります。

でも、WEB3.0が実現すれば、中央集権的なサーバーが存在しないため、誰でも自由に情報やサービスにアクセスすることが出来るようになります。

個人情報や行動履歴のデータを自己管理できる

現在は、GAFAMのような巨大企業が情報を独占している状態ですが、WEB3.0が実現すれば、それらの企業のサーバーを介することなくサービスを利用することが出来るようになります。

個人情報を自己管理することで、企業に利用される心配がなくなります。

 

企業と直接取引できる

企業と取引をする際に、サーバーを仲介する必要がありましたが、WEB3.0でブロックチェーン技術を使った取引なら、サーバーに管理されることなく取引が出来ます。

銀行やクレジットサービスを介さなくていいので、手数料を取られることがありません。

 

WEB3.0 前澤社長も注目

こうしたWEB3.0の動きに期待する人は多く、ZOZO創業者の前澤友作もアクションを起こしています。

前澤友作は、WEB3.0特化型ファンド「MZ WEB3ファンド」を立ち上げ、WEB3.0 関連のスタートアップに投資し、PRやマーケティングを支援するとしています。

前澤友作は、WEB3.0について、Twitterで以下のように投稿しています。

Web3の考え方は今までの資本主義でスポットの当たらなかった人や場所を照らせる可能性がある。そして株ではないトークンとかNFTとか、お金自体を変え得る可能性もある。めちゃめちゃワクワクする世界が目の前に拡がっている気がしてます。みんなで何かしませんか?

 

web3.0!おすすめの仮想通貨の銘柄は?

 

WEB3.0で注目されるブロックチェーン技術は、仮想通貨を成立させる重要な技術となっていますね。

では、WEB3.0に伴い、注目を集めそうな仮想通貨もあるはずです。

WEB3.0関連で、注目の仮想通貨をご紹介します。

FIL(ファイルコイン)

ファイルコインは、2020年に正式版がリリースされた分散型ストレージサービスです。

世界にあるすべてのデバイスの空き容量をユーザー間でシェアするシステムです。

ユーザーは自身のデバイスの空きストレージを貸し出すことで、システム内の独自トークンFILを受け取ることが出来ます。

このサービスは、ユーザー数が増えるほど、利用駅るストレージも増えていくので、今後のユーザー拡大が肝要となるでしょう。

 

ICP(インターネットコンピュータ)

インターネットコンピュータは、分散型インターネットコンピュータの開発を進めるプロジェクト「Dfinity」内で利用されている仮想通貨です。

Dfinityは、アマゾンウェブサービスや、グーグルクラウドのようなサービスをブロックチェーン技術を組み合わせて提供しようというプロジェクトで、あらゆるインターネットサービスやプラットフォームを構築する際のベースとなります。

Difinityが一般的に使われるようになるにつれて、その価値が上がっていくことが予想されます。

JASMY(ジャスミ―)

ジャスミーは、ジャスミー株式会社によって2019年末に発行された仮想通貨です。

日本国内で誕生したトークンとなります。

ジャスミーは「データの民主化」を目標に掲げ、GAFAMに集まった個人情報をブロックチェーン技術を使って分散管理できるように開発が勧められています。

 

まとめ

WEB3.0について、WEB1.0から順を追ってご説明しました。

WEB3.0は、ブロックチェーン技術を活用した、中央主権的なサーバーに頼らない分散型のネットワークです。

セキュリティレベルが上がり、個人情報などを大企業に預けることなく、インターネットを利用できるなどといったメリットがあります。

このWEB3.0の発展に注目し、ZOZOの創業者である前澤友作が、ファンドを設立しています。

ブロックチェーンに因み、WEB3.0に関連した仮想通貨を3つほど紹介しています。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

web3.0・メタバース・NFTで稼ぐには?ビジネスチャンスは?
web3.0 2022.11.06

web3.0・メタバース・NFTで稼ぐには?ビジネスチャンスは?